私たちは、ネット×リアルビジネスを最大効果へ導くファシリテーション型コンサルティング企業です。 お問い合わせ

Nexalコラム

全て(379件)

コンテンツマーケッターという職種

リードマネジメントやマーケティングプロセスなど、手法は一通り紹介してきたので、そろそろナーチャリングシナリオやコンテンツマーケッターの話に移ろうかと思う。
特にWeb制作会社やDTP会社などを啓蒙していきたいと思う。


以下に残念な失敗例を記載する。
 ・広告予算を用いて、ペイドメディアにお金を掛けたが自社サイトに誘導した途端に逃げられる
 ・コンバージョンポイントを抑えた上でターゲティング広告を行ったが、受注に繋がらない 
 ・クリックされてもコンバージョンしない

上記のような経験はマーケティング担当者であれば、一度は必ずあるだろう。

課題はLPOです、EFOですと言って改善したとしても、本当の課題は実はコンテクストにあると考える。

 コンテクストContext)あるいはコンテキストとは、文脈や背景となる分野によってさまざまな用例がある言葉であるが、一般的に「文脈」と訳されることが多い。文脈により「脈絡」、「状況」、「前後関係」、「背景」などとも訳される。bywikiペディア
つまり、コンテンツや文脈が繋がっていないということ。ユーザビリティからの視点から見ても
 ・突然テイストが変わる 
 ・突然大きなロゴが出てきて驚く
ということだ。リンク先に飛ぶ前に、続きはどのサイトへ移動して、どのような情報が掲載されているのか分からないと、まずリンクはクリックしない。


事前に認識しておかないと、サイトを移動した瞬間、読んでいる相手は逃げてしまうのである。
構造的な問題やテキスト文面の書き方なども考えられるが、特にBtoCの場合はクリエイティブを自動的に判断するためにABテストが可能な技術もある。しかしそれはテクニックの話だ。

サイトを跨っても文脈が全て繋がっているのか、読み手に取ってもっと読みたいと思わせる文章かを考える必要があると思っている。


また、コンテンツの種類もHTMLではなく、ダウンロード資料、ウェビナー、映像アーカイブ、アンケート、シュミレーション、検索など様々出てきているが、コンテキストとしてストーリーが出来上がっていないサイトが多い。

特にBtoBサイト。どうしてもカタログ文面のような文脈が多い。当たり障りのない言葉が羅列している。誰も興味を惹かない。。。。雑誌やメディアの記事のように、読み進めたくなる文章スキルというものはある。

コンテンツマーケッターとして、顧客像に応じて自分事のように思える文脈や文章をどう設計し、まとめあげるのか、個人的には今後の必須職種として定着するのではないかと思っている。


※上記内容の無断転用掲載・酷似記事の出稿はお断りいたします。
※上記を利用する場合は「(株)Nexal提供」と必ず記載ください。




関連するコラム

Copyright©Nexal, Inc. All Rights Reserved.