私たちは、ネット×リアルビジネスを最大効果へ導くファシリテーション型コンサルティング企業です。 お問い合わせ

Nexalコラム

全て(380件)

ロイヤルカスタマに育成するCRMマーケティングプラットフォーム

顧客を獲得する『ジェネレーション』サイトから顧客との関係を構築する『ナーチャリング』という概念になりつつあるのは、時代の流れかもしれない。
※リードナーチャリングについて、いろいろ勉強したい方は、このブログの『リードナーチャリング関連』カテゴリをご参照ください。
今までリードナーチャリングと言うキーワードから、様々なエンタープライズ企業のコンサルに関わってきたが、最近BtoC事業において、この概念が広まり実装を考える企業が増えてきたと感じる。
顧客層を『潜在』、『顕在』、『見込み』、『既存(一見さん)』、『ロイヤルカスタマ』と分けた場合、どの顧客層と、関係を紡ぎマインドを醸成(育成)=ナーチャリングするのかという範囲が 存在する。
例えば ・潜在層であれば、今ではソーシャルを活用したソーシャルCRMの概念に近いかもしれない ・顕在層であれば、自社メディアや手段を中心にしたコミュニケーション ・見込み層であれば、リアルの営業部隊と協業したコミュニケーションや相乗効果 ・既存層であれば、2度3度とロイヤルカスタマに育てるためのコミュニケーション と分けることができる。
特にBtoCの場合は、どの層に対してのナーチャリングなのか、社内で統一した概念やコンセプトが必要だと考える。
また、顧客層を上記のように分けるだけでなく、様々な軸でセグメント・カテゴライズし、そのカテゴリ別のナーチャリングプランを設定する企業も増えてきている。
そこで必要となるのか、カテゴリ別の醸成度合いを見える化するためのマーケティングプラットフォームである。上記を実装するためには、コンテンツ自体もカテゴリ別に定義する必要がある。
なぜなら、見える化するために一人ずつの行動を『スコアリング』し、コンテンツやコミュニケーションの手段を出し分ける必要があるためだ。
BtoBにおいてはリード情報は企業情報などから判断することが可能だが、個人を対象にしたBtoCは、特に個人の行動情報を機械学習的にデータを蓄積することによって、判定基準にする必要があるためである。数回のタイミングに分けて、カテゴライズ判断のためのリード情報をアンケートや診断コンテンツを元に、データ抽出することは可能であるが、ナーチャリングを前提としたWebの構造になっていないため、リアルタイムでデータが一元管理できていない企業が多い。
今後は、リニューアルのタイミングで、ユーザビリティやデザインと言った表向きの更新ではなく、裏の構造としてマーケティングプラットフォームの構築案件が増えると考える。
デザイン+IA構造からバックエンドのシステム構築まで全てトータルに請け負える企業が、今後優位性が高まると思われる。
マーケティングプラットフォームまで視野に入れたリニューアル案件を取りたいWeb製作企業は是非ご相談ください。
※上記内容の無断転用掲載・酷似記事の出稿はお断りいたします。 ※上記を利用する場合は「(株)Nexal提供」と必ず記載ください。




関連するコラム

Copyright©Nexal, Inc. All Rights Reserved.