私たちは、ネット×リアルビジネスを最大効果へ導くファシリテーション型コンサルティング企業です。 お問い合わせ

Nexalコラム

全て(383件)

国産メタバース

昨日のプレスリリースで、セカンドライフのような3D空間メタバースを国産で提供するため、トランスコスモス、フロムソフトウェアと産業経済新聞の3社で、合弁会社が設立された。
カーナビコンテンツと同じように東京を再現し、受身でも楽しめる
「meet-me(α版)」を年内に開始するとのこと。

セカンドライフを体験した際、皆さんはどう感じただろうか。
個人的な意見を書くと、様々なビジネスチャンスがあり、可能性は感じたが、

①勝手に作られていく日本国内の風景が、現実と掛け離れていること、
②キャラクターが現実と掛け離れ過ぎており、とても違和感を感じること
セカンドライフが立ち上がった時には、いろいろなセミナーや広告代理店などが、ネタとして騒いでいたが、最近はあまり良い話を聞かなくなってきた。
もしメタバース事業を行うのであれば、まずは

①カーナビコンテンツ会社と手を組み、現実世界を忠実に再現すること。
②キャラクターは、アバターコンテンツを導入し、Wiiゲームのように
形・色・髪型・服装など、カスタマイズが細かくできること。

③行政と手を組み、電子的な手続きをメタバース事業の中に繋ぎこむこと。
④地域密着型のSNSを取り込み、メタバースへの入口を多く作ること。
⑤そして、各事業者とのビジネススキームを実行に移すこと。

プラットフォーム・都市インフラとしての地位を確立することが大切だと考える。
(このニュースを見て、『攻殻機動隊』の世界に一歩近づいたような感じを受けた)




関連するコラム

Copyright©Nexal, Inc. All Rights Reserved.