私たちは、ネット×リアルビジネスを最大効果へ導くファシリテーション型コンサルティング企業です。 お問い合わせ

Nexalコラム

全て(383件)

開発現場

大きな開発プロジェクトがある場合、その現場の構造は、ゼネコンと似ている。 発注元、元請、下請け、孫請け、、、、。 グループ系列企業の傾向としては、下請け、孫請けを、社外に発注するより、
地方にある系列会社に発注する方が、連結決算として利益を補填できる。 または、利益を確保するため、下請けとして仕事を多く発注している会社を 買収してしまうという方法もある。
(以前、銀行が合併する際にシステムトラブルが多発するのも、技術的な問題 というより、系列争いによる人災、が根本的な原因だ、と聞いたこともある。)
地方の子会社にとっては親から仕事をもらい、受注金額が少なくとも、 細々と延命できる。しかし、今後は生き残りをかけて親以外からの仕事の 受注をいかに増やすか、その努力をしない会社は、淘汰されていくと考える。
また、仕事の進め方も今まで通常の業務プロセスではなく、工程管理と 品質チェックの体制をどう作り上げるのか、その強固な組織を作った会社 が今後生き残っていくだろう。言い方は悪いが、のんべんくらりと業務を
行っていたのでは、スキルも身に付かない。荒波にもまれる場数こそ、 一番力が付くと考える。
ある大手開発系企業の役員と話をした際、現在開発現場では、20年前と 何ら変わっておらず、未だウォーターフォールモデルで開発しており、 通常の開発プロセスの工程を辿っていくと、納期には絶対に間に合わない。
今後は『アジャイル』プロセスで進めないと、日本は取り残されるという 話を熱心に語っていた。米国で、アジャイルプロセスで開発している現場 を見て、驚愕したと言っていた。
ただ日本人は、よく言えば「大人しい」、悪く言えば「グレーがお好き」 という文化で、要件定義や仕様決めの際に意見を全て出し切ることが 出来ない。発想力が少ないのか、コミュニケーション能力が低いのか、
後から次々と問題が報告されてくる。特にコミュニケーション能力が 低い人は、マネジメント業務は絶対に無理とのこと。
20代から開発現場にいる人は、今後のキャリアパスとしてどの方向に 進むべきか、一度じっくり考えてみるもの良いのではないかと思う。





関連するコラム

Copyright©Nexal, Inc. All Rights Reserved.