私たちは、ネット×リアルビジネスを最大効果へ導くファシリテーション型コンサルティング企業です。 お問い合わせ

Nexalコラム

全て(383件)

CMSは今後どうなる?

最近、社内のイントラサイト、外部向け企業Web、製品情報サイト、などCMSの導入が進んでいる。しかし、今やただのCMS=コンテンツマネジメントシステムではない。 様々なモジュールが用意され、CMS機能+EC機能+SNS機能+アクセス解析機能+CRM機能といろいろな組合せで自由に構築できるようになってきている。
海外のソフトメーカーの製品ロードマップを見ていると、皆、似たような動きをする。始めはコアの製品、次に様々なアドオンソフト、または機能の追加をしていき、いつの間にか基本プラットフォームの上に、様々な機能を当て嵌められるような構造になり、仕舞にプラットフォームを先に売っておけば、後で追加されるだろうという販売戦略になる。(ゲームならまだしも・・・)
以前ブログで書いたかもしれないが、日本人は形無いものを発注することはできない人種だ。つまり要件定義書が書けないため、メーカー側から提案されてきた内容に、枝葉を付け自社用に後から追加していく。
よって、いくら機能が追加できます、自由に後からカスタマイズできますと言っても、最初から形(構造や画面)あるものを数パターン見せられないと、買うことができない。
CMSツールも、今や様々な機能が付いているが、コンテンツを修正・UPしていくのは現場の担当者だ。情シスが中心になって導入したとしても、その後の運用方法やルールについて、定期運用が定着するまでサポートしないと、高い買い物だと考える。




関連するコラム

Copyright©Nexal, Inc. All Rights Reserved.