私たちは、ネット×リアルビジネスを最大効果へ導くファシリテーション型コンサルティング企業です。 お問い合わせ

Nexalコラム

全て(382件)

この経済不況をどう乗り切るか

最近ユーザ先に行っても、暗い話を多く聞く。 ・社員一律給与カット ・固定費削減のための本社移転 ・来年度予算カット ・早期退職希望制度の開始 ・経費削減対策(深夜残業禁止、出張費削減、購入経費の見直し)
などなど。中小企業はまだ小回りが利くので、人材削減の最終手段の前に やるべきことは柔軟に対応できるが、大手企業になればなる程、雇用カット以外の 対策で削減できる経費には限界があり大きな決断を迫られる。
全くの私見だが、今年は大手企業ほど危ういと考えている。 なんであの会社が?と思うような企業が、倒産する可能性は高い。 売上の下方修正などのニュースから、現在どの企業も経営企画部門では数字との にらめっこが続いている。
世界の各都市に支社を展開している知り合い(外人)にメールで聞いてみた所、 やはりどの国でも、厳しい状況が続いているようだ。 このタイミングをチャンスと捉え、どう「チェンジ」できるのかがポイントになる。
抑えるものは抑えたとしても、「生き残り」をかけた予算をどこまで捻出できるか。 単に生き残るのではなく、全く新しい発想でビジネススタイルを変えていないと いけないだろう。不況な時こそ、新しいものにチャレンジすべきと考える。
逆に今までコツコツと新規事業で「trial and error」を続けてきた企業は強い。 また自社ビジネスの分析をしっかり行い、事業の成長性を見極めてきた企業も強い。 景気が良かった時期に、将来のリスクに備え研究をしていた企業も強い。
逆に、景気が良かった時に何もしてこなかった企業は、潰れる可能性が高いだろう。 イケイケで売れていた時代は当分来ない。 昨年末は製造業が大きく取り上げられていたが、今年は様々な業界が影響を受け 続けるだろう。
私のいる業界に関係するのは、広告代理店、ネット系広告代理、システム開発、 H/Wベンダは大打撃。逆に良いと思うのはインフラ系、モバイル系はまだ順調。 (個人的な感想です)
ユーザ先の業界でも、製造、不動産、ゼネコンは大打撃、アパレル、食品、 フード系、ライフライン系、通信系はまだ順調。(個人的な感想です)




関連するコラム

Copyright©Nexal, Inc. All Rights Reserved.