私たちは、ネット×リアルビジネスを最大効果へ導くファシリテーション型コンサルティング企業です。 お問い合わせ

Nexalコラム

全て(383件)

「戦略」と「戦術」の意味の履き違え

先日、某企業の人と話していたら面白い内容が 「戦略」という言葉を客先で連呼するという話。
マーケティング戦略、チャネル戦略、メディア戦略、 Web戦略などネット系の営業マンがよく使う言葉だが、 戦略と戦術の意味を履き違えて使う傾向が強い。
具体的に「戦略」とは何を言っているのか 目的やビジョンがなければ、戦略とは言わない。 あるべき姿がなければ、戦略とは言わない。
・「リスティング広告を利用して、御社の戦略をサポートします。」 ・「SEO対策で上位表示することによって御社のWeb戦略を劇的に変化させます。」
はぁ・・・?何を言いたいのか君は。 こういう営業は、論理的な思考について教育されていないことが多い。 また言葉の定義について曖昧に覚えている。
ビジョンや戦略とは、その企業の社員ですら明確に定義されていないことが ほとんどのため、課題解決などの提案を行う際には
・どのような目的で ・現在の課題はどのような内容で ・そのギャップに対しての1手段としてどう解決できるか
という論理的にプレゼンの前に持ってこなければ、プロジェクト全員の 認識はだんだんとずれてくる。 まともな企業は教育してるんですけどね・・




関連するコラム

Copyright©Nexal, Inc. All Rights Reserved.