私たちは、ネット×リアルビジネスを最大効果へ導くファシリテーション型コンサルティング企業です。 お問い合わせ

Nexalコラム

全て(380件)

マーケットチャンスは固定概念をはずすことから

世の中の全ての商品やサービスの根本は、「面倒くさい」・「やりたくない」から始まっている。潜在ニーズというより、その前の段階。
「こんな物があったら便利なのに」・「こんな商品どうだろう」という議論では既に潜在的なニーズから顕在化されたニーズとなる。顕在ニーズを探すために、アンケート調査などが行われるが、新規事業戦略を考える際には、アンケートはあまり使わない。その結果を見ても、潜在ニーズは分からないためである。
マーケットチャンス、かっこよく言えば「ブルーオーシャン戦略」。 競合がいる世界から、新しいマーケットを作り出し、他社と差別化を図る戦略。
昨日のブログ、AOKIの話もそうだが、ブルーオーシャンを考える際には固定概念を捨てることから始める。
・スーツはクリーニングに出すもの。 ・ワイシャツやネクタイは一番安くても1,000円まで。 のような、誰に言われたわけでも無く、生活していく中で自然と固定概念化されてしまっている。
・スーツが洗濯機で洗えます。 ・ワイシャツは1枚500円です。 と言われると、自然と反応してしまうのは固定概念のせいだ。
同じように主婦の掃除で ・トイレ掃除は定期的にしないと汚れる という固定概念から、
・トイレがトイレをアラウーノ(Panasonic)の全自動おそうじトイレ または エアコンの全自動清掃機能も同じような考えから出てきた。
最近の携帯では、KDDIから充電パネル付きが出てきた。 (携帯市場は、抜本的な市場変革でも無いと、頭打ちの気もする)
いつも、生活している中で当たり前のように行っていること。その一つ一つを否定する、または疑問に思うことから頭の訓練をしていくと、日々の生活は楽しくなる。新しいビジネスモデルが、頭の中でたくさん生まれる。
私は女性なので、以下日々の否定や疑問 ・なぜストッキングをはかないといけないのか。(裸足は嫌だが) ・なぜスーツにパンプスなのか、もっと楽な履物はないのか。 ・電車に乗る時、吊革を掴まない。(つまり実は触りたくない) ・エレベータはなんでボタン式なのか。(つまり触りたくない) ・なぜパソコンを立ち上げるのにパスワードが必要なのか。 ・外食する際、現金やカードを出すのが面倒くさい。 ・粉が無いとなぜ歯が磨けないのか。
などなど、くだらない・・・と思わずに、 上記からでもビジネスチャンスはいくらでもある。
アンケート調査を行う際、○○したいと思いますか?どんなニーズがありますか?と聞いても出てくるわけがない。
困ったことは何ですか、嫌なことは何ですか、面倒なことは何ですか?という質問にしない限り、本来の潜在的なニーズは分からないのである。




関連するコラム

Copyright©Nexal, Inc. All Rights Reserved.