私たちは、ネット×リアルビジネスを最大効果へ導くファシリテーション型コンサルティング企業です。 お問い合わせ

Nexalコラム

全て(380件)

モバイル解析ツールはどれがいい?

現在市場に出ているモバイル解析ツールは、集約するとログ型、サーバエージェント型(プロキシ型)、パケット型の3方式(4方式)になる。 モバイル解析は、どの製品を見ても結局はセッションを追うIDでユニークユーザ数を、公式サイトの場合はUTNタグにてリピートを測定する方法しかない。IPアドレスやJavaScriptは埋め込めないため。 それをログに吐いて行うか、自動的にパラメータを付与するモジュールをSVにインストールする、またはプロキシ型のように経由して行うか、ネットワークのパケットから取得するかだけの違いになってきている。 ログ方式ではディーワークス社のWellOut サーバエージェント方式では、セラン社のMOBYLOG またはプロキシ型も導入できるダブルクリック社のMobileMKAnalytics パケット型ではオーリック・システムズ社のRTmetricsになる。 (myRTモバイルは無料ツール) 使い勝手という意味では、意見が分かれると思うが、出てくるデータの違いについてはあまり差は無くなってきたと感じる。 どの製品も基本的な傾向分析、経路分析や広告効果測定などの機能は備わっており、携帯機種情報も出てくる。(和音数やデコメ、フェリカ対応か、など・・) 大きな違いとしては、やはりトラフィック量の処理能力くらいだろうか。PV課金か購入型かの違いもあるため、機能の比較よりも運用費の比較と 解析要件からどの程度の運用付加が掛かるのかという見えないコストを考えた方がよさそうだ。 大手広告代理店や、ISP等でモバイル解析ができるサービスもあるが、ほとんど上記4製品のOEM提供になっている。




関連するコラム

Copyright©Nexal, Inc. All Rights Reserved.