私たちは、ネット×リアルビジネスを最大効果へ導くファシリテーション型コンサルティング企業です。 お問い合わせ

Nexalコラム

全て(383件)

間接効果を測りたいのであれば、、

世の中に出ている広告効果測定ツールは多々ある。 しかし、広告代理店毎に発行しているcookieが違えば、サイト来訪者全体の間接効果分析はできない。
複数のcookieを使っていると、それぞれ測定レポートが出てきて、「だぶり」つまり二重カウント評価になってしまうからだ。 最近、BtoC系の企業の間接効果の話を伺うと、このような傾向があり、広告効果測定ツールは、1つに絞るべきですと伝えている。
一番良いのは広告出稿時に発行する引き数値を広告主側が決められるように対応すべきだ。
または代理店を1社に絞り、1つのツールで効果測定を全て計測できることが望ましい。 リスティング広告、アフィリエイト広告などなど、バラバラで効果測定していても直接コンバージョンのみの把握しかできず、本来の間接効果が測れない。
・効果の評価対象期間の設定 ・広告の評価重み付けの設定 ・評価対象の広告種類の設定
これらが1つのツールでできないと、ユーザ視点での間接効果測定はできない。ツールによって仕様も変わるため、変数を設定できるツールが一番使い勝手が良いだろう。




関連するコラム

Copyright©Nexal, Inc. All Rights Reserved.