私たちは、ネット×リアルビジネスを最大効果へ導くファシリテーション型コンサルティング企業です。 お問い合わせ

Nexalコラム

全て(380件)

PIPコンテンツとは

インターネット回線が高速になったことで、webサイトのコンテンツにPIP(Person in Presentation) コンテンツが増えてきている。 つまり、人が解説を行う映像コンテンツのことである。
・テキストや画像で説明するのが難しく、手順など解説した方が分かり易い商品 ・入力フォームなど悩みそうな箇所、途中で離脱しそうな場合で解説 ・理解を深めるために、架空のキャラクターより人が説明している雰囲気を出したい場合
など、対面での営業スタイルをネット内に表現したい場合、搭載されているサイトが最近多く見受けられる。
単に映像を流すだけであれば、ビデオで撮影し、UstreamにUPしサイトに貼り付けるだけで企業Webに限らず、誰でも簡単に行うことができる。撮影からコンテンツ作成、ストリーミング配信まで全てアウトソースできる会社から、人物の写真をUPして口が動き、音声で解説できるサービス、またはキャラクターを設定し、pptの画面と一緒に解説コンテンツが、簡単に作れるサービスなどを列挙しておく。
▼一括サービス系
・iVision 「PIPVision」 ・Jストリーム 「JストリームTV
※制作代行のみの企業は多いので割愛します。知りたい方はご自身で検索を・・・
▼キャラクターでのコンテンツ作成ツール系

・4COLORS 「PIPメーカー」 ・Oddcast 「Voki」 ・・・海外 ・Oddcast 「Sitepal」・・・海外





関連するコラム

Copyright©Nexal, Inc. All Rights Reserved.