私たちは、ネット×リアルビジネスを最大効果へ導くファシリテーション型コンサルティング企業です。 お問い合わせ

意見/考え方 の記事

Web制作会社コンペ時の評価方法

現在、某プロジェクトにてWeb制作会社のコンペを実施している。
どこの制作会社と取引すべきか、クライアントから意見を求められている。
コンペを行う際、企業側=選定側として見ておくべきポイントを整理する。
1.コンセプト整理・情報設計力
構造などIA設計において、どこまで自社事業を理解できているか、
単純にうわべだけの事業を見て、適当に構造設計、製品分類を行っていないか。
コンペ前の質疑応答から、推測できる。
2.ユーザビリティ、アクセシビリティの理解力
単純に、ユーザビリティとは、アクセシビリティとは、の昨日今日覚えたような
知識だけで語っていないか。具体的な質問があるか無いかで、理解度を
判断し、具体的な施策プランで評価すること。
3.ターゲット整理
ユーザをペルソナで設定するなどは、手段の一つ。他社の真似事だけで
入口を分ける提案をしていないか。同業界の競合会社を真似せず、事業別の
顧客像ときちんと捉えているか判断する。
4.デザイン力
アイコン一つ、バナー一つにしても、ブランドイメージを崩さない作りになっているか。
Flashや動画が専門でも、Webデザインは専門でない会社も存在する。
デザインコンペを行う際には、全体と細部、両方評価すること。
5.技術力、コーディング力
意外と見落としがちな部分。過去、構築したという事例から、そのサイトのソースコードを
見ること。アドオンが無くても、どこまで見られるかチェックする。
単純に制作数や、制作した企業名だけで判断しないこと。
6.見積と体制
1~5までを評価した上で、単価の比較を行うこと。各社の単価の差額について納得
できるかどうか、総合的に判断すること。
更に、プロジェクト時の体制についても先に確認を行うこと。
最近は、聞いたことが無いような制作会社でも、評価が高い会社は存在するため、
単純に値段だけ、実績数だけで判断しないよう、正当に評価すべきである。

続きを読む

ネットはリアルを超えられない

ネットにおけるインタレストマッチやレコメンド機能は、行動ターゲティング分野に含まれる。
つまり、ネット内で何を見たか、具体的にはクリックしたかしなかったかで、興味度を探り興味・関心が高いだろうと思われる商品、購買履歴から多く買われる商品などを、見せる手段のことである。

リアルの世界でも、レコメンドは進んできている。ネットにおけるインタレストマッチに近い”POSレジを利用してのレコメンド広告”である。
クレジットカードでの購買履歴、ポイント利用履歴など個人の属性に合わせて分析しておき、

ターゲットにした人が(購買)行動した際に、レシートを利用した広告は少しずつであるが浸透してきている。また、デジタルサイネージとの連携により、交通機関を通った人へのターゲティング広告などもその一貫だと考える。

これからの時代、どれだけの顧客リスト、購買履歴、関心毎のデータ、行動データを蓄積しているか、そのデータの活用力で企業価値が問われてくると考える。

蓄積するだけであれば、どの企業も誰でもできる。

しかし活用力=それを売上に繋げられる力を持った企業は、まだ数社しか無い。

ネットだけに限った話しではなく、特にリアル店舗における行動データ、購買履歴データを持つ企業は強いと考える。

ネットにおける行動データからのレコメンドを見ると、例えば旦那が奥さんの誕生日プレゼントを探している場合、その行動データも個人の興味関心度に加えられてしまう。例として、30代男性に化粧品やアクセサリーのレコメンドばかり出している失敗例、というか苦情?が多いのもネットの行動データによる、レコメンドの限界と感じる。


しかし、リアルにおいて女性が、紳士服でネクタイを買った=プレゼント?という仮説が立ち、毎年同じ時期のデータを蓄積することによって、来年も購買する可能性があると判断できる。
個人のイベント(家族の誕生日、結婚記念日、親の還暦などの年)情報を、購買履歴データと一緒にどれだけ蓄積できるかで、マーケティング手段も変わろうと言うものだ。

ここで、ネットとリアルのデータの精度について議論するつもりは無いが、近い将来、ネットの行動情報とリアルの行動情報をクロスで分析しないとマーケティングが最適化できない時代が必ず来ると考えている。



※上記内容の無断転用掲載・酷似記事の出稿はお断りいたします。
※上記を利用する場合は「(株)Nexal提供」と必ず記載ください。
続きを読む

テレビ通販が強い理由

ネットのECサイトが伸び悩む中で、テレビ通販は地道に売上を伸ばしている。

大きな違いは何か考えると、やはり映像力だろう。リアルタイム性も大きく関与している。

人事部門に所属していた際、心理学に近い内容を徹底的に教わったことがあるが、読む、聞く、書く、見る、人に教えるなどの行動と五感から、強く印象に残るのは何か、記憶に残るのは何かを、知識として、場合によっては実践で覚え、今では体に染み込んでいると言っても良い。これらの人の心理から、テレビ通販が強い理由を考えてみる。

テレビは、画面という2次元の世界ではあるが、人が説明し、商品に至るまでの裏話や苦労話、付加価値のポイントなど人が興味・関心を持ち、行動に至るまでのポイントが全て表現できる。在庫の見せ方などは、購買心理をくすぐる大きなターニングポイントである。


・ここでしか買えない
・特別に開発した商品
・誰も持っていない
・あなただけ特別の
・付加価値のついた
などの要素を散りばめている。


また、液晶テレビが普及し、大画面で映像も綺麗、実物より大きく画面に出ると、自分の眼で見るより、見せ方によっては綺麗に映る。

逆にWebサイトは、少しずつ映像コンテンツも増えてきてはいるが、まだ文字と写真が中心のメディアである。


・どこでも買える
・一般向けに開発した
・誰でも持っている
・普通の
・特に付加価値は無い
というECサイトは、他社との価格競争に巻き込まれ、利益も出ず苦しむ結果となる。


価格競争に巻き込まれないようにECサイトとして生き残るには、他社には無い強みをどこに集中し伸ばしていくのかがキーとなる。

しかし今まで数百に近いECサイトを見てきて、特に強みが無い企業でも、これは成功だったと言えるマーケティングやコンテンツ施策は、
・ネット内でのタイムセール
・映像コンテンツを利用した、設計・作成者の苦労話(裏話し)
・ここで買う付加価値
・ちょっとした自分だけのカスタマイズ性
・買った人限定の書き込み


である。細かくは書けないが、購買心理をWebサイトというメディア内でどのように表現するのか、マーケティングとして展開するのか、皆さんも心理学を学んでみましょう。


※上記内容の無断転用掲載・酷似記事の出稿はお断りいたします。
※上記を利用する場合は「(株)Nexal提供」と必ず記載ください。
続きを読む

外資系の決算期は12月

この師走は何かと忙しいが、外資系の企業にとっては最後の積み上げ時期。
日本企業の決算期は3月が多いため、外資系企業の営業にとって手腕が問われる時期でもある。
私も外資系に在籍していたことがあるので、外資の良い部分や悪い部分は多く見てきた。
外資系企業は、日本国内において同じ外資系を相手に仕事を受注する傾向が強い。

12月が決算時期同士の企業の場合、取引が一番活発になるのは、×月。
しかし日本企業を相手にした場合、提案金額によっては「年度末の予算状況を見てからでないと発注できない」とか言われてしまう。
その場合の、受注方法として年内割引を実施することが多い。他社には内緒という形式で。
私もメーカーにいる際、何度かその手を使ったことがあるが、年内に発注すると、3月に発注する場合の金額より20-30%、場合によってはもっと多くの割引が提供されるとなれば、購買部門を持つ大手企業の場合は、即注文書を出してくれる。
なぜなら、調達・購買部門はどれだけメーカーに割引させることができたか、その差額で評価されることが多いためである。
ただし、営業ステータスでは、「ほぼ購入決定」案件に限る・・・Closeするための最後の手段である。全ての案件において、同じ手口は使えません。あしからず。

※上記内容の無断転用掲載・酷似記事の出稿はお断りいたします。
※上記を利用する場合は「(株)Nexal提供」と必ず記載ください。

続きを読む

今のコンサルのベースにあるもの

初めに就職した会社では、人事本部(採用・研修)、営業本部(営業・営業企画)、企画部(マーケティング、事業企画)、事業開発本部(新規事業開発)を経験し、
転職した外資では、営業企画職、営業職、現在は新規事業コンサル、Web戦略コンサルの道を進んでいる。


私の思考を変えたのは、最初の企業に在籍中、GEグループのマスターブラックベルト、ブラックベルトのタイトルを持つ方々にお会いしたことがきっかけとなっている。
無駄の無い会議から始まり、論理的な思考回路、戦略・戦術フレームワークなど、様々なことを教えられた。


品質管理や、最適化理論(OR)などは大学で学んだが、社会人になって実践的に利用したことが無かったため、入社数年で彼らのような優秀な人達と知り合えたのは
貴重な財産だ。(特にシックスシグマに関しては、かなり勉強させて頂いた)

また、課題・問題点の整理の仕方、人との話し方、講演の仕方などは、人事に居た際、当時コンサルファームから転職してきた上司から、徹底的に教わった。
私のベースは、この会社の2・3年の中で作られたと言っても過言ではない。今思えば安い給料だったが、勉強させてもらったと考えれば、こんなに優遇された環境は無かったと言える。


もし、自分の方向性や将来に悩んでいたら、今は辛くとも自分のキャリアパスを考え、何を経験値として積んでおけば、本当にやりことに近づけるのか、考えると良いかもしれない。
続きを読む

電子書籍用キンドルと、コンビニ&キヨスク

アマゾンから、電子書籍用端末のキンドルが発売されているのは皆さんも知っているだろう。端末自体は日本でも販売されているが、コンテンツとしては英語のみしかまだ読めない。

端末はどのメーカーから販売しても良いと思うが、私の頭の中でインスピレーションされたキンドルの使い方は、朝のコンビニ、または駅のキヨスクで新聞や雑誌を買う光景だ。

毎日新聞などは、iPhoneでも今や読めるようになっているが、これからの電子媒体はデータのダウンロードと一緒に、課金モデルが課題となってくる。

携帯公式メニューにおける、キャリアとコンテンツプロバイダーの関係のように、通話料やパケット代の請求と一緒に、コンテンツも課金されるモデルは問題ないが、現在、1企業独自で課金モデルを構築する場合は、顧客に会員登録をしてもらい決済方法を事前に設定しておく方法以外に、集金する術は無い。


Edyなどの電子マネーの仕組みと、データダウロンロードの仕組みが一緒になれば、面白いのではないかと思う。

つまり、DSでもキンドルでも、端末は何でも良いが、キヨスクの電子マネーで「チャリーン」または「ピッ!」と購入するのと同時に、必要なデータがダウンロードできるというもの。いちいち、いつも読む雑誌や新聞の媒体毎に、会員登録など面倒なことをしなくてもよい。

欲しいデータだけ、電子マネーまたは現金でも、コンビニやキヨスクのダウンロード端末から買うことができる。

端末の統一化、データダウンロードの仕組みなど、課題はいろいろあると思うが、電子媒体の販路について、うまくリアル店舗と融合させたビジネスモデルがこれから流行るのではないかと思う。



※上記内容の無断転用掲載・酷似記事の出稿はお断りいたします。
※上記を利用する場合は「(株)Nexal提供」と必ず記載ください。

続きを読む

ミドル・エイジ・クライシス

middle age crisis または mid-life crisis とも言うが、「中年期の人が不安・焦燥・自己喪失などを感じてしまう現象。
人生の半分を終えたうえ,肉体的にも精神的にも衰えを感じることが原因となる。goo辞書より」
この景気が悪い中、減収減益における子会社整理・減俸・リストラなどで精神的に疲弊し鬱状態に近い人が多くなっている。+中更年期障害を併発している人も。
良い意味で、自分のテリトリーが明確になっている年代、
悪い意味で、自分の限界が見え始めている年代。
とも言える。

家庭を支え家族を養い続けながら、会社の中でどのように生き残っていけるのか。
特に受験期や内定をもらえない大学生を抱え不安を募らせている50代後半~60代。
また、部長・取締役・専務と昇格できる席数には限りがあり、そこに入れるか入れないか見えてくる時期。
・過去を振り返って、自信を持って誇れる実績はあるか
・現在を見て、自分しかできない強みはあるか
・先行きを見て、会社の方向性として持論はあるか
特にミドルエイジクラスは、過去の武勇伝はたくさんある。しかし環境が変わった現時点で結局自分の強みは何だったのか、今後どのように生きるべきか悩んでいると考える。
会社の方向性と、自分の考える方向性に齟齬がある場合、

・役員を説得し、会社の方向性を正すことに精力を傾けるか
・妥協して定年まで我慢するか
・会社を飛び出し脱サラして一からやり直すべきか
・何か行動を起こす気力も失っているか。。。
もし、まだ会社から必要とされている場合は、会社に貢献するべきである。
必要である子会社であれば、自分が引っ張っていくくらいの気持ちで進めるべきである。
俯いて一人悩み考えるより、人に相談し自分なりに考えを紙に書き出し、気持ちを吐き出すことで先のアクションプランも見えてくる。
マイナス志向は、良い結果を生まない。プラス志向で気持ちを変えて頑張りましょう!

続きを読む

新幹線のホームで・・

先日、新幹線のホームで電車を待っていたら久しぶりに海外の人に声を掛けられた。スーツ姿だったせいで英語ができると勘違いされたのかもしれない。。
ロシア系の親子で、新幹線の乗り方が分からず困っている様子だった。ロシア語訛りの早口の英語で、「え?何?」と思い、戸惑ったが、、
1問目:「What’s the kind of this ticket?」
彼は乗車券と特急券の2枚を持っていた。しかし、新幹線のチケットには英語が一言も書かれていない。日本人でも違いが分からない人が多いのに、日本語が読めない外国人には理解するのは無理だろう。
回答:「This’s a usual ticket, and This’s a limited express ticket to Kyoto.Both are necessary tickets.」 と答えておいた。(こんな正確な英文ではないが)

2問目:「What’s the car’s number?」
カーナンバー???何のことを示してるのか、一瞬分からず、The seat is A of the 17th row.と答えたら、It ‘s understood. What is the car’s number? と返ってきた。
あー、車両番号のことね~とやっと理解し「The 14th」 と答えたが、Thank’sの一言もなく、とても感じの悪い人だった。お国柄、あまり笑顔を見せないのかもしれないが・・・

つい先月まで、某電鉄系企業のWebサイトのユーザビリティやアクセシビリティなどのコンサルを実施しており、外国人向けのwebサイトについても改善点をいろいろ洗い出していたため、とても印象的な気付きなった。(事例はこちら

実際に観光する外国人の目から見ると、電車の乗り方やチケットの買い方、乗り換えの仕方など分からないことだらけだが、webサイトだけの改善ではなくホームや案内掲示板、看板、券売機などリアルにおいても外国語対応は、随分進んでいる。
しかし、チケットの印字までは意外と遅れているという状況に気が付いた。
電車の乗り方で、もう一つの話。

今は全ての駅がナンバリングされ、世界各国も駅のナンバリングが進んでいる。
4月に韓国に初めて遊びに行った時、このナンバリングに救われた経験がある。中国語であれば何となくニュワンスで通じるが、ハングルは全く解読不能状態。
韓国版のPasmoやicocaのようなカードを買うことまではできた。
しかしホームは不明。英語ができそうな人に聞きまくり、携帯で調べてもらいホームまで辿り着けても、どの方向の電車か分からない。(韓国人は英語が話せる人が少ないことにも驚いた。また乗り換え検索もすぐに携帯使う
所は、さずがネット王国。)
最終的に頼れるものは、駅のナンバー。韓国語の路線図と睨めっこしながら方向を確認し、数字だけを頼って電車を乗り換え、やっとの思いで目的地まで行くことができた。
外国人や外国語対応、その状況や立場になって見ないと分からないこともあるが、様々な経験から、想像力を働かせていきたいと思う。

※上記内容の無断転用掲載・酷似記事の出稿はお断りいたします。
※上記を利用する場合は「(株)Nexal提供」と必ず記載ください。

続きを読む

景気を肌で感じるタクシー運転手

タクシーの運転手は平均年齢も高く、人生経験が豊富な方々が多い。
私はタクシーに乗ると、黙っていられないタイプなのですぐに運転手と世間話などおしゃべりが始まる。

一言目の返答の仕方で、この人は話好きか嫌いか分かるため、あまり話し好きではない人には話し掛けないことにしている。

その中でも、話が好きな運転手は意外と自分の身の上話や人生経験など語ってくれたり、日々様々な客を乗せている状況から裏情報を仕入れるには、最適である。

「某大手企業の人事ってどうやって決まるか知ってるかい?」
「この企業も、リストラが始まるらしいね」
「あの企業、今システムが止まって大変らしいよ」
「この間、○○議員を乗せたんだ」

などなど、タクシーだからと言って侮ってはならない。
話の内容はタクシー運転手には分からないだろうと思われがちだが、密室の車内では嫌でも聞こえるわけで、意外とアンテナを張ってる人は多い。

最近の話題は景気について。

私も様々な企業には出向いて肌で感じてはいるが、タクシーの運転手には敵わない。
今月もタクシーに乗る度に話題は景気。

「客が減ってさー」
「夜、誰も歩いてないから」
「飲み会もハシゴしなくなったねーみんな地下鉄に吸い込まれてる」
「家にいると孫の面倒押し付けられるから、仕事してるのさ」

など。生々しい状況が見えてくる。
どの業界もあまり芳しくないですよーと言うと、
「ま、今月の選挙が終わらないとねーーー」

という返答が返ってきた。選挙か・・・
どの党が議席を勝ち取るかで、恐らく株価も変動するんだろう。
今月中の注目度No1はやっぱり衆議院選挙ですかねぇ。

続きを読む

懐かしの動物占いと組織論

先日誘われたTwitterのオフ会に参加した時、血液型や動物占いで盛り上がった。
その時に話した内容を記載したいと思う。


私の経験談だが、某企業に在籍していた際、私は事業企画部門にいた。
動物占いが流行っていたので、部長以上の約20人ほどの誕生日を聞き回り占ってみた。すると面白い結果が見られた。

・部長以上のマネジメント職は、肉食系の動物が8割以上占める
⇒ライオン、トラ、チータ、ヒョウなど

・部長クラスの中でもサポート役に回る、または存在が薄い人は草食系が多い
⇒コアラ、ひつじなど


肉食系の役員・部長ほど、存在感が大きい。
体格がよかったり、声が大きかったりお腹が出てたりする・・・(笑)
一度社内の部長クラスで試してみると面白い。


もう一つの話が当時、地方の事業所(約50人程のセンター)に出張に行った際、
マネジャーの人に動物占いについて聞いてみた。
すると、センターの女性50名全員が全く同じ動物だった。
・・・なんと


・50名全員が、ひつじ・・・

そう言われると、全員が羊に見えてくる。

でも、何故?どうやって?
12種類ある動物の中で、統計的に見て同じ動物50名が同じ職場に集うことはかなりの確率である。

そこで聞いてみた。

私:「どんな採用基準なんですか?」と。

マネジャーの口からいろいろ出てきた。その中の一つがマ:「あのね、一つの基準は次女。ここでは日々の成果給だから長女より次女の方が
ハングリー精神が高いのよ。長女は駄目、すぐに諦めちゃうから。」
と、このマネジャーの作った適正基準があったのである。その結果、全員羊というから驚き・・(別に動物占い結果で採用していたわけではない)



そこで一つ気になることがあったので聞いてみた。
私:「で、○○マネジャーの動物は何ですか?」と。

マ:「えっ、私ぃ?・・・・・ライオンなのぉぉ♪」

・大爆笑した・・・

50匹の羊を、1匹のライオンが管理しているという構造だった。
なるほど、この事業所はうまく回っているわけだ。

今度は、当時部下だった7名の動物占いをしてみた。
・ライオン君
・チーター君
・ヒョウ君
・オオカミ君
・コジカちゃん
・ゾウ君
・コアラちゃん、
何とまぁ、ユニークな。

オオカミ君は、いつも1人行動でチームワークが苦手。
ライオン君は、兄貴的な存在でみんなに頼られるタイプ。
チーター君は仕事は早いが、長期プロジェクトには不向き。
ヒョウ君はプライドが高く、悪い点を指摘すると素直に受け入れない。
コジカちゃんは皆におちょくられやすいが、仕事は繊細。
ゾウ君は笑いを取るタイプで、楽観主義者。
コアラちゃんは穏やかな、おっとりタイプ。仕事も淡々とこなす。

など、部下を動物に例えると、上司として対応の仕方やプロジェクトの組み方も変わる。ただの占いと思われがちだが、このように個人の特性を考え
どう組織を束ねるか、意外と使える手法だと気付いた瞬間だった。

⇒動物占いの商標登録をしているノラコムさんの公式サイトはこちら。
占いたい人はどうぞ http://www.doubutsu-uranai.com/index.php
続きを読む
Copyright©Nexal, Inc. All Rights Reserved.