私たちは、ネット×リアルビジネスを最大効果へ導くファシリテーション型コンサルティング企業です。 お問い合わせ

Nexalコラム

全て(383件)

HeartCore実装中・・・

現在進捗中の、企業Webサイトリニューアルにファシリテータとして プロジェクトに参加しているが、サイトカットオーバーまで最終段階となって きたので、ブログに記載しようと思う。
経緯を見たい人はこちらのブログを読んでください。 2008.08.18 CMSツールHeartCore 2008.11.17 CMSツールHeartCoreを入れる前に
以前の概要・・「8月の夏から、CMSツールの選定に入り、サイトリニューアルの ワイヤーを進めてきたが、DB連携を行うと様々な課題が出てくるため ツールを選定する前に、先に社内で検討しておくべきことがある。」
その後、ワイヤーのFIX、デザインのFIX作業が続けられ、現在HTMLに関しては コーディング中である。
HeartCoreはどうしたか・・・と言うと、この企業の場合は製品や商品に対する紐付け インデックスが多く、標準のHeartCore以外にエクステンションで追加でDBを構築した。
ただ、追加でDBフィールドを用意した結果、METAタグの中でもTitleタグは登録フォーム から入れられるが、METAKerwodやMETADiscriptionが入らないとのこと。 よって、保守対象からはずれるがソースレベルで修正してもらうことになった。
自動出力する部分の作りこみは、製品の登録フォーム、商品ページのローカルナビ に表示される関連ソリューションやニュースなど。これは1ページずつ手組みで作成 するのは運用上大変なので、自動出力とした。
ただ、予算にも限りがあるため製品ライセンス費以外にカスタマイズできる部分は ここまで。ライセンス以外にカスタマイズに約1千万近くは費やしているだろうか。 (製作費は別)
CMSツールはHeartCoreだけに限らず、万能ツールではない。やはり企業のサイト運用の 考え方によって、作りこみは個別カスタマイズになる。 単に製品自体が安いから、、、、では後から大変な結果に繋がると思っても良い。
HeartCoreは、マーケティングを意識してMETAタグ系を入れるフォームが始めから 用意されている点やDB連携などの部分は評価できる。またブログやECサイトにも 適していると思う。
しかし企業側では、どこまでを自動出力したいのか、運用を先に考えてからツール選定に 入ることをお勧めする。




関連するコラム

Copyright©Nexal, Inc. All Rights Reserved.