私たちは、ネット×リアルビジネスを最大効果へ導くファシリテーション型コンサルティング企業です。 お問い合わせ

Nexalコラム

全て(383件)

アクセス解析ツールを使う方への20の提言

1.ツールは「道具」です。「道具」によって、使い方が変わります。
2.「道具」から出てくる数字は、全て同じ結果とは限りません。
3.言葉の定義も「道具」によって違います。
4.ユーザの行動を様々な角度から、全て解析できる万能な「道具」はありません。⇒セミオーダーが必要です。
5.使う人のレベルによって、よい「道具」を選びましょう。
6.買う前に、その「道具」を使って何をしたかったのか思い出しましょう。
7.数字を見ているだけでは、売上は上がりません。
8.PV数が上がっただけで喜んではいけません。
9.コンバージョンが低かったからと言って、嘆いてはいけません。
10.数字から、仮説を立てる解読力を身につけましょう。
11.アクセス解析から、『悪い』結果が出た際、何か原因だったのかきちんと反省する時間を設けましょう。
12.サイトの成功の可否の定義を、しっかり持ちましょう。全てがecサイトとは限りません。
13.広告代理店1社だけの話を鵜呑みにしてはいけません。
14.広告主体ではなく、ユーザ行動視点で解析しましょう。
15.効果の無かったネット広告は、後ろ髪引かれず、早めに切る決断も必要です。予算の垂れ流しになります。
16.問合せがなくとも、アクセスされたIPアドレスから企業が特定できることをご存知ですか?
17.効果が読み辛いメディア広告は、ネットへ流入するような施策を取りましょう。
18.SEO会社の評価は、単発評価ではなく、6ヶ月以上運用後判断しましょう。明確に、SEO力の差が表れます。
19.会員サイトは、顧客の属性を解析データの中に取り込みましょう。地域や、年代によって購買行動が読み取れます。
20.LPOだけで売上効果は表れません。その前にコンテンツを最適化しましょう。




関連するコラム

Copyright©Nexal, Inc. All Rights Reserved.