私たちは、ネット×リアルビジネスを最大効果へ導くファシリテーション型コンサルティング企業です。 お問い合わせ

Nexalコラム

全て(382件)

官公庁系のサイト

サイトリニューアル前のサイト評価・改善コンサルティング弊社で実施しているサービスで一番多い相談毎がこの内容になる。
特にWeb制作会社、SIerからの依頼が多く、何をどう改善すべきかを定量的な数字で説得するために、サイト評価をして欲しいとのこと。
官公庁系の入札で仕事が来る場合は、「リニューアル前に評価すること」という項目がガイドラインにて追加されたとのことで、ユーザビリティ・アクセシビリティ以外にサイト構造、来訪者の行動分析をペルソナを設定し、提案している。
アクセス解析も「量」の測定結果を出すことはしていない。 どちらかと言うと、流入元別の動線分析、流入元別のユーザビリティチェック、ペルソナで設定した属性来訪者の行動分析などを行う。その場合はシステムログを頂くが、結構データが残ってない場合も多いのでここは苦労する。
また、WebサイトKPIをサイト目的別に設定し、その数字の差分を時系列で出しポートフォリオ分析やABC分析、相関分析などを行って改善点を洗い出す。 ケースバイケースになるが、改善ページの優先順位をつけられるため、制作企業の方でも、提案を持っていきやすくなる利点がある。
中にはWeb戦略やコンセプトの見直しまで提案することもあり、何をしたいのか、何を改善したいのかに応じて企画骨子を出すようにしている。
今月からセミナー講演もあるので何かと忙しいが、頑張ります。
※上記内容の無断転用掲載・酷似記事の出稿はお断りいたします。 ※上記を利用する場合は「(株)Nexal提供」と必ず記載ください。




関連するコラム

Copyright©Nexal, Inc. All Rights Reserved.