私たちは、ネット×リアルビジネスを最大効果へ導くファシリテーション型コンサルティング企業です。 お問い合わせ

Nexalコラム

全て(383件)

チラシから店舗へ、ネットから店舗へ、チラシからネットへ

TVコマーシャルから店舗へ・・・昔からのブランドコミュニケーション チラシから店舗へ・・・昔からのマスマーケティングの1手段。 ネットから近くの店舗へ・・・ネット検索が主流になってきてからの手段 折込チラシからネットショッピングへ・・・カタログ通販をメインにクロス型、連動型の手段 自然検索からネットショッピングへ・・・SEO対策を駆使し、上位表示に奮闘
1.紙媒体と言われる雑誌、チラシ、カタログなどのリアルマーティング領域 2.Webサイトというネットワーク上のコンテンツ 3.ネット広告、リスティング広告、SEO対策などのネット上のマーケティング領域 (4.TVコマーシャル) PRの世界では訴求ポイントに合わせて、使うメディアを組み合わせる。
効果測定側から見た場合、Webサイトの位置付けに応じてマーケティングの評価を行う指標が異なってくる。つまり目的が違えば評価すべきKPIも変わる。
特にネット上でカートに商品を入れて購入させるECサイトか、リアルの店舗への行動誘導か、近くの店舗での購買誘導のためのブランドサイトか、Webサイトの役割としての範囲がどこまでか。目的として来訪者がどのような行動を取れば、消費者がどのような行動を行えば良しとするのか、PVだけでは測れない数字となる。
受注データ、来店データ、契約データ、入会データ、マーケティング手段やROIこれらのデータを全て組合せ、本来のマーケティングの効果測定を行っていく。中には、データをトレーズできずに定量判断を行う場合もある。
様々が業界やビジネスモデルがある中で、「効果」や「目的」をどう定義し、評価や判断を行うべきか、実績を積む程、類似的なビジネスモデルの平均的な数字が見えてくる。
興味がある方はこちらもどうぞ・・・誘導型webサイト評価コンサルティング
※上記内容の無断転用掲載・酷似記事の出稿はお断りいたします。 ※上記を利用する場合は「(株)Nexal提供」と必ず記載ください。




関連するコラム

Copyright©Nexal, Inc. All Rights Reserved.