私たちは、ネット×リアルビジネスを最大効果へ導くファシリテーション型コンサルティング企業です。 お問い合わせ

Nexalコラム

全て(383件)

モバイルをどうマーケティングとして使うか

どの企業も、モバイルの普及率やモバイルの可能性から、どのように活用すべきか
試行錯誤している。今まで様々な業界の人と会い、その時に話された内容について
参考になるか分からないが、そのままの言葉で記載しようと思う。

▼通販企業


ターゲットを20代に絞り、通勤時間や昼休みなどにメールを送ったりしたが、結局
ブックマークされるだけで、その時のアクセスはあるがコンバージョンまで繋がらない。
ピークとしては夜の0時~2時の間。それも売れる商品はだいたい決まっている。
▼ダウンロード系モバイルサイト


会員非会員の頻繁な動きは、土日祝日が多い。またゲームなどの利用率としては夜。
8時頃からアクセスの増加が見られる。


▼ブランドショップ系企業
メルマガ会員になる目的として、自分が欲しいと思って狙っている商品(春の新作、
秋の新作など)の発売や、キャンペーン情報を欲しいために、会員になる。よって
何でもメルマガとして送るのではなく、その人が欲しいと思う情報を区分けにして、
マーケティングを行うと売上にかなり繋がってくる。

▼大手コマース系企業


自分が購入した商品がいつ届くのか、どこまで届いているのかの配達履歴を
モバイルメールに配信するサービスを希望する人が多い。


モバイルサイトから購入するというよりも、連絡手段として考えるユーザが
多いのではないか。


▼人材派遣系企業


モバイルは完全に連絡手段。または新着情報の配信手段。会員になるにも
実際にオフィスに来てもらうため、仮会員登録の項目はシンプルにしている。

▼クレジット系企業


最初は、モバイルサイトで登録申込を作っても、誰も登録するなんて思って
いなかったが、意外とモバイルで入力してしまう方が、サイトでログインして
見る手間より楽と考える人がいるのかもしれない。


この話から読み取れる内容として、どの企業もモバイルをどう使っていいか
結論は出ていないケースが多いが、これからPCサイトを見て購入するより、
モバイルサイトをうまく利用し、ニーズにマッチした情報を、モバイルを介して
提供することが重要と考える。





関連するコラム

Copyright©Nexal, Inc. All Rights Reserved.