私たちは、ネット×リアルビジネスを最大効果へ導くファシリテーション型コンサルティング企業です。 お問い合わせ

Nexalコラム

全て(383件)

ペルソナは設定することが目的ではない

最近ペルソナ手法について探している人が多いので、まとめてみようと思う。 ペルソナに関係する以前のブログは以下をお読みください。 2008.05.09 ペルソナ手法とは 2008.05.17 サイトのあるべき姿 ペルソナ手法とは、設定することが目的ではなく設定した仮想人物像のライフスタイルを元に、マーケティング施策やプロモーション内容、リーチ手段などを検証するために設定する。
また、コンテンツ内容が対象ペルソナに対して、ギャップがないかなどマーケティング以外にもコンテンツやユーザビリティ検証などにも利用される。 つまり、何をしたいのか目的に応じてペルソナ設定の深さが変わってくるのである。
某仮想人物をペルソナAさんとして設定したとしよう。 その人が何を考え、将来のビジョンはどうあるべきか、などなど設定しなくてはならないポイントは多いが、マーケティングで利用する際には、
・どのような電子機器を持っているのか、iPhoneは?Wiiは?PCは?DSも持ってる? ・また、利用する交通手段は何か。どのような広告を目にする? ・一日の時間の使い方は?PCの前に座ってる曜日と時間は? ・携帯を見る時間は? などなど、ペルソナの性格設定も大切だが、一番重要なポイントは1日の時間の過ごし方、休日の過ごし方などその人物のライフスタイルが重要になる。 ・・意外と議論されないことが多い。
設定すること自体は、社内の共通認識として基準を持つためには重要ですが、そのペルソナをどう改善や検証用に利用するのかによって、もっと深い議論が必要になることを覚えておいてください。
※上記内容の無断転用掲載・酷似記事の出稿はお断りいたします。 ※上記を利用する場合は「(株)Nexal提供」と必ず記載ください。




関連するコラム

Copyright©Nexal, Inc. All Rights Reserved.