私たちは、ネット×リアルビジネスを最大効果へ導くファシリテーション型コンサルティング企業です。 お問い合わせ

Nexalコラム

全て(380件)

CSRとコーズ・リレイテッド・マーケティング

本来、CSR(Corporate Social Responsibility)とは、企業における社会的責任であるが、企業が営利活動を行うにあたって、利害関係者に対し説明責任を果たすことを示している。
ただ、日本においては、企業に対する安心感や信頼感を醸成するためのPR活動、IR活動を解釈されることが多く、Webサイト上でもCSRコンテンツとして寄付やエコ活動などの取組みを掲載している企業が多い。
また、企業のビジネスや商品の販売を経由して、売上の一部を慈善団体などに寄付し、PR活動として利用するマーケティング手法を、コーズ・リレイテッド・マーケティング(Cause Related Marketing)と言う。
しかし、CSR本来の定義からすると、日本各社におけるCSRの考え方は内容が少しずれていると言わざるを得ない。CSRへの取組みも、ただ寄付すればよい、という短絡的な発想ではなく、戦略的なCSRへの取組みが必要とされている。
ソニーのCSRへの取組みは、内容も素晴らしいがコンテンツの見せ方としても読み手が理解しやすく作られている。CSRの基礎知識については、是非読んで頂きたい。 ⇒ソニーの社会貢献スペシャルコンテンツ




関連するコラム

Copyright©Nexal, Inc. All Rights Reserved.